賃貸検索
売買検索
お客様の声
リフォーム・外壁塗装
売りたい方
相続でお悩みの方
賃貸管理でお悩みのオーナー様へ
会社概要

なるほど修繕テクニック

いつまでもキレイに、気持ちよく住みたいと思うのは誰でも同じ。でも、お部屋の中というのはちょっとしたミスやトラブルですぐに汚れたり、傷ついてしまいます。でも大丈夫。コレを知っていれば、いつまでもキレイなお部屋を維持できます。

畳の修繕はスピードが命。熱いオシボリを上手に使おう

畳は植物(い草)でできていますから、ジュースやコーヒーなどをこぼすと簡単に染み付いてしまいます。
 色が染みてしまった場合は、速やかに、水やお湯に浸し固く絞った雑巾でトントンと叩き、ヨゴレを浮かしながら吸い取るようにふき取りましょう。汚れが落ちたら、よく乾かすこと。ふき取るときにお湯を使うと水分の蒸発が早く、畳の乾燥時間を短縮できます。
 できたてのシミをふき取るときに注意したいのは、畳専用の洗剤以外は使わないようにすること。粘度の高い洗剤はヨゴレを取り込んだまま畳の内部に浸透しやすいため、逆効果になりがちです。また洗剤の種類によっては畳そのものを痛めてしまいますので、オススメできません。
 なお家具などにより凹んだ畳は、蒸気アイロンを当てることで復活できます。普通のアイロンしかない場合は、お湯に浸して絞った雑巾を置き、その上からアイロンで熱しましょう。

フローリングの傷は補修剤&クレヨンを使って

荷物の出し入れや家具、椅子の移動ですぐに傷ついてしまうフローリング。これを直すには、DIYショップで売っている補修剤を使うのがベストです。補修剤はロウでできているため、使用前にドライヤーで暖め、傷のついた部分に塗りこむのがコツ。とはいえ、熱するとパッケージの色とは少々異なってしまうことがあります。そういうときには普通の色クレヨン(茶色)を混ぜて色の調整をしましょう。
 クレヨンは、先に補修剤を塗りこんでから、上塗りをするように使います。しかし、補修剤でできた段差を整える前に塗りこんでも意味がありませんので、きちんとヘラで余分な補修剤を削り取り平面を出してから、再度ドライヤーで暖め、ちょっと柔らかくなったところに色をつけます。
 また、小さな引っかき傷のようなものでしたら、似たような色のクレヨンや靴墨などでもOK。傷を隠した後、ワックスやニスで保護するとよいでしょう。

台所周りは危険がいっぱい。湿気と防臭対策を

室内で煙草を吸う人なら、煙草のヤニで壁紙が黄色く汚れることはご存知でしょう。これを防ぐには、煙草を吸った時々後に壁を軽く水拭きすること。何日も放置して壁紙の繊維の奥までヤニが浸透しないうちに掃除するというわけです。
 そして週一回はビニール素材向けの洗剤で掃除しましょう。壁紙は湿気や水分に弱いものもあるため、揮発しやすい消毒用アルコール成分の高い壁紙掃除に向いた洗剤でなければ、ダメージ度を高めてしまうことがあります。しかし、ベンジンやアセトンなどが入った有機溶剤系洗剤は厳禁! 煙草のヤニではなく、ちょっとしたヨゴレ(ペンのインクなど)は、消しゴムで対処できます。ただし壁紙の模様までも消してしまう場合もあるので、あらかじめ目立たない場所を軽くこすって、問題がないかどうかを確かめてください。

入浴剤の色が風呂桶に染みついてしまう?!

風呂用洗剤はそのまま使うのではなく、スポンジと併用するのがよい
研磨スポンジは風呂掃除時にかなり役立つアイテム。使っているうちになくなるが、それだけ研磨しているということ

室内で煙草を吸う人なら、煙草のヤニで壁紙が黄色く汚れることはご存知でしょう。これを防ぐには、煙草を吸った時々後に壁を軽く水拭きすること。何日も放置して壁紙の繊維の奥までヤニが浸透しないうちに掃除するというわけです。
 そして週一回はビニール素材向けの洗剤で掃除しましょう。壁紙は湿気や水分に弱いものもあるため、揮発しやすい消毒用アルコール成分の高い壁紙掃除に向いた洗剤でなければ、ダメージ度を高めてしまうことがあります。しかし、ベンジンやアセトンなどが入った有機溶剤系洗剤は厳禁!
煙草のヤニではなく、ちょっとしたヨゴレ(ペンのインクなど)は、消しゴムで対処できます。
ただし壁紙の模様までも消してしまう場合もあるので、あらかじめ目立たない場所を軽くこすって、問題がないかどうかを確かめてください。


<<一覧へ